iso取得で行き詰っているなら専門のコンサルタント会社に依頼

サイトマップ
スーツの男性

isoを取得すると何が良いのか?

ホワイトボード

isoの取得について取り組もうとすると「そんなの必要なの?」という声が上がることは少なくありません。isoというのは国際基準に合う管理体制ができていることを示すものですが、日本人はそんなものは商品やサービスの最終品質に出てくるのだから不要だと考える人が多いようです。しかし、国際的な企業になるほど、こういった規格に沿った認証を受けているかは大事になります。国によって様々な基準が違いますから、思ったような仕事をしていない相手もたくさんいますし、そして自社のサービスや商品の良さがコスト以外からは理解されない可能性もあるからです。
また、こうしたiso取得を通じて、社内のノウハウを強化し、そして様々なことが明確になっていくなどのメリットもあります。取得前と取得後で、社内の体質の違いを感じるという事業者も多いのです。どこにこういった影響が出てくるのかというと、社員が「確認」を大事にするようになります。
基準に合っているのか不安に思うところから確認が増えるのですが、結果として作業のミスを減らすことや、品質向上、業務効率化などのヒントを得られる場面も多くなります。つまり、仕事そのものに向かいあう機会になって、企業の体質が強化され、単なる営業上の看板というだけではないメリットがあるのです。そのため、isoを取得した企業というのは、それだけ事業の継続性においても期待ができる企業となるのです。

  • 会議

    iso取得までの流れとは

    isoとは国際標準化機構のことですが、このisoを取得するまでの流れとはいったいどのようなものなのでしょうか。まずは現状の業務の進め方を分析し、isoの要求事項に準じて品質マニュアルや必要な手順…

    more
  • ガッツポーズ

    企業がiso取得する時の傾向について

    建設会社の場合は、環境のisoを取得を目指す傾向にあります。このisoがあると、家の建築工事をする際に音をあまり立てなくなり、近隣住人達に迷惑をかけにくくなります。騒音が発生しやすい状況が改善さ…

    more

ニュース一覧

TOP